スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/ 7/ 2(月)

イヴォ負傷中

7月1日(日曜日)ブダペストのチームとのテストマッチは1:2の負け。
ヴァスティッチは背中(腰?)を負傷しているため出場していない。


be 2007/ 7/ 5(木)

7月5日付けOÖNのイヴォインタビュー
"LASKはFCヴァスティッチにあらず"

これによればショックウェーブ療法でずいぶん良くなりボールを使ったトレーニングに復帰したそうだ。
背中の痛みは慢性的なもののよう


be 2007/ 7/ 7(土)

7月6日(金曜日)

LASK Linz - Dynamo Budweis 4:0 (1:0)
Austragungsort Union Pregarten
Zuschauer 1500
Tore Mayrleb (41.), Dollinger (52.), Hamdemir (73.), Freudenthaler (76.)
Aufstellungen
LASKメンバー
Cavlina - Gansterer, Baur (62. Piermayr), Hoheneder (46. Kablar), Klapf (46. Wisio) - Klein (62. Ruckendorfer), Hota (62. Hamdemir), Panis (62. Spirk), Dollinger (62. Saurer) - Vastic (62. Mijatovic), Mayrleb (62. Freudenthaler)

イヴォ復活!
スポンサーサイト

Vasticインタビュー:sportnet

Vasticインタビュー:sportnet be 2007/ 7/ 1(日)
会長とイヴォ

Vastic: "UEFA-Cup ist utopisch"

"UEFAカップは夢物語"
と冷静にLASKの現状を分析しながらもポジティヴなイヴォのインタビュー

いよいよあと10日で新シーズンも開幕です。
LASKは念願の1部復帰を果たし気の早いメディアやファンは多大な期待を寄せてUEFA杯も夢ではないと煽っているところもあるそうです。それはあり得ないと言いながら前向きなイヴォ。

VASTIC TOUCH Archives:Reporters


初めのバナー
?

REPORTERS

■■ヴァスティッチ選手について■■

・ファンの方々のレポートやメッセージを収録しています。

・友人の隣人愛に溢れる情報(タレこみともいう)

・ボランティア精神に満ちた(おせっかいな)翻訳、

・得体の知れぬモチベーションに突き動かされて指がすべったページ(どーでもいいネタとも)

などもございます。

制作:2003/04シーズン

index_1

REPORTER chloe

index_2

REPORTER chloe

index_3

REPORTER chloe

index_4

IVOLUNTEER

index_5

SPECIAL 

index_6

REPORTER S

index_7

FANTASTIC FANS

index_8

IVOLUNTEER  

index 9

IVOLUNTEER

index_10

REPORTER YURIKO

index_11

REPORTER BELLA

?

貼り付け元? <http://www5e.biglobe.ne.jp/~ivo/rep0226c.htm >

?

VASTIC TOUCH archives:HOME Page



Thank you very much for your visiting.This is IVO's private fan site supported by his Japanese fans .?
FIFA WM Quali
Group6
3/30 Austria1-0Wales
?"What's New" 3/26WM Q?Wales0-2*Austria ?

IVICA VASTIC UNOFFICIAL FANSITE


titlebanner
 
             


sturm_ivo_haas
?

officialIVICA VASTIC ?LASK_Linz FKAustria Sport1 OFB UEFA J's GOAL
languageTranslate Dictionary
regularPROFILE NEWS REPORTERS GuestBook BBSadvance BBS2 IMAGE BOARD
satelliteblog ANNEX Live Door blog vt+ BBSadvance mobile


ご支援ご協力心より感謝申し上げます(管理人
ドイツ語サッカー用語集 みんみさん作成お役立ちページ。FKオーストリアウィーンVIOLAFMを聞くために作ってくださいました
le Sang Brillant フランスリーグ1RCランスを応援するYurikoさんのサイト。オーストリアウィーン応援で友好条約締結
??当サイトPROFILEより駒崎優さんの>写真館>ヴァスティッチページに直截リンクさせていただきました

??
一日一オシム運動のFriskさんのニュースサイト、。重宝させていただいてます
??イランやトルコのフットボールとサブカルチャーをこよなく愛するふずきさんのサイト
??yukiさんのユニークでキレイで楽しいイラストのサイト
??RYO さんの居心地のいいすてきなフォトサイト。投稿画像もいっぱい。
??長束恭行さんのクロアチア関連サイト。サッカー情報も満載です。
Toppage,BBS2のGifアニメ素材をいくつか提供していただきました。
??トップページのviolaアイコンIMAGE BOARDの素材を提供していただきました

.
?counter
50000番目のゲスト様 はyvonneさんでした。ありがとうございました。       
since 2003 03 19
contact

VASTIC TOUCH archives: Profile2


初めのバナー
?


オーストリア代表
Stationen


Adriachem (81) Split (Gastspieler)
Vienna (1991)
St.Pvlten (1992)
Admira/Wacker (1993)
MSV Duisburg (1993)
Sturm Graz (1994 - 2002),
Nagoya Grampus Eight (2002.6-2003.5 )

FKAustria Wien(2003.6-2005.6.1)

LASK_Linz(2005.6ー

■イヴォ自身が語るキャリアについて■                            
イヴォ公式より翻訳:イヴォンヌ
>>クロアチアでのはじまり

そこで僕たちはちゃんとした場所なんてなかったから、友達と僕は通りでサッカーをした。最初は12歳のときアドリア(スプリット郊外)で始めた。ところでこの時僕は左のディフェンダーのポジションだった。この時はまだフォワードをやるには肉体的に弱すぎた。
アドリアでは、面白い話もある。
学校でちょっとした時間的な問題があって、父はサッカーをすることを禁止した。しかしぼくはいつも抜け目がなかったから、父には学校へ行くと言っておきながら、実際には試合に行った。
僕は茂みの中にサッカーシューズを隠しておいたから、父には気づかれなかったんだ。そのシーズン僕は35ゴールを決め、得点王になった。父は新聞で僕の写真を見て、もちろんこの話はどこかに吹き飛んだのさ。


>>それ以後のキャリア

スプリット:ハイデュクではヨーロッパ遠征のときゲストプレーヤーだった。

ヴィエナ:1991年僕のオーストリアについてからの最初のクラブだった。僕はそこで全くの無名であったが、テスト練習とテスト試合の後、雇われた。

ザンクト・ペルテン:ヴィエナでよい成績を残した後1992年にザンクトペルテンに細やかに気づかわれ迎えられた。フーベルトバウムガルトナー監督は、なんとしても僕をほしがった。そこでもまた18ゴール上げた。

アドミラ・ベッカー:アドミラはそのころ絶好調で、いつもUEFAカップで戦っていた。監督はディディ コンスタンティーニ氏。残念なことに試合にはほんの少しの観客しか来ないにもかかわらずそこでプレイすることはすばらしかった。

MSVデュイスブルグ:アドミラでのほんの半年間で、冬期休暇の間に僕はドイツへブンデスリーガクラブのMSVデュイスブルグに移籍した。しかしながらケガのため、本当にできることを示せなかった。

シュトゥルムグラーツ:シュトゥルムから1994年に良いオファーが来た。それ以外にイヴィツァ・オシム氏が監督になることを僕に言ってきた。
それによって決定的となった。良い決断だった。:シュトゥルムで2回のリーグチャンピオン、3回のオーストリアカップ優勝、3回の欧州チャンピオンリーグ出場ができた。

ナショナルチーム:オーストリアのナショナルチームでプレイできたことを僕はうれしく思っている。いずれにせよチームでプレイするためにクロアチア国籍を捨てて、オーストリア国籍を取得しなければならなかった。オーストリア国籍を取得する少し前に、クロアチアナショナルチームからもオファーが来ていた。

(今シーズン途中で代表を辞退することについて)だから僕はどうするべきか本当に長い時間よく考えなければならなかった。僕は長い時間日本にいるので残念ながらチームのためにプレイすることができない。(時差による)旅の疲れは単純に大きすぎる。僕が最良のコンディションでない時、何者も救うことはできない。

名古屋グランパスエイト(日本):ひとつの決定。これを僕は軽くしたわけではない。
しかし、僕は33歳だ。もう一度大きな挑戦をしたかった。Jリーグは魅力たっぷりだ。今、この1年の間もう一度(自分を)試している。

                                 制作:2003年3月頃
                               更新:2007年2月
プロフィール

bellac

Author:bellac
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。